「世界は脱原発!」・・・なの?

アクセスカウンタ

zoom RSS アメリカの原発立地地域住民は「増設に賛成」が多数派

<<   作成日時 : 2005/10/26 23:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

 少し古い情報なのですが。

 ビスコンティ・リサーチ社がアメリカの原子力発電所立地地域の住民を対象として実施した世論調査によると、地域の住民のなんと!89%が原子力は重要だと認識している、との結果が出ました。また、既存の発電所への増設についても76%が好意的な回答をしています。
 最近、アメリカで新規建設に向けた動きが盛り上がっている事については、これまでもここで紹介してきましたが、「政府が強引に推し進めている」わけではない事がはっきりと判ります。(議会で全会一致で増設誘致を決定した自治体も複数ありますしね。)

 原子力関係者の方は既にご存知かも知れませんが、まだ読まれていない方は↓こちらを。(ここに訳文を載せるより、直接読んで頂いたほうがよろしいかと思いますので。(「面倒くさい」というのもありますが・・))

Nuclear Power Plant Neighbors Accept Potential for New Reactor Near Them by Margin of 3 to 1
報告書(PDF)

ちなみに、アンケート項目を見ていただくと判りますが、調査対象者に発電所職員やその家族は含まれていません。念のため。

「英語は苦手」という方は、excite翻訳にコピー&ペーストして下さい。

・・・ふと思った事。
「発電所増設のかわりに最終処分場を作ります」と言ったら彼らはどういう反応を示すのでしょうか? ユッカマウンテン計画が進展しないと、実際に建設が行われるかどうかは怪しいかな・・・と思っているのですが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
 一応、その問題の参考になるかと思って、こういうのを書いておきました。
http://10767277.at.webry.info/200510/article_9.html
 「燃料増殖と核廃棄物消滅を両立させる」という加速器駆動装置(ADS)概念は、あるにはあるのです。
 ただし、トリウム溶融塩炉燃料とかのトリウムサイクルなんですが....
 
適当X
2005/10/27 16:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
アメリカの原発立地地域住民は「増設に賛成」が多数派 「世界は脱原発!」・・・なの?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる