「世界は脱原発!」・・・なの?

アクセスカウンタ

zoom RSS 原子力反対の劣化が残念過ぎる件/放射線モニタとERSS

<<   作成日時 : 2010/12/18 01:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 35 / トラックバック 2 / コメント 51

 トンデモの度合いが凄まじく、相手をするのも馬鹿馬鹿しいので放置しようと思っていましたが、「九州の野菜購入を控える」との発言を見るに至り、一言二言書くことにしました。

 そう、例のデマの件です。



 今回のデマに関連して思い出したことがあります。

 5〜6年前、ロシアの原子力発電所でトラブルがありました。
 トラブル自体は原子力安全に全く影響がなく、周辺環境への影響もないものでしたが、発電所側からの公表は遅れ、またその情報も非常にプアなものでした。
 その直後、インターネット上で反対派が「実は大規模な放射能漏れが発生している」とのデマを流しました。情報の少なさも災いし、風評被害のみならず地域は混乱。店を閉めたり、市外へ脱出したりする人が大勢出ました。
 国側はこれを取るに足らないデマであり、冷静になるようにとの声明を出しましたが、混乱が収まるまでには数週間を要しました。
 デマを広めたのは反原発の市民団体。元の情報はサーバーから削除されたものの、当局は地域を混乱に陥れたとして首謀者を探している・・・・・

 実際にロシアからの原子力関係の情報として、小生が読んだことのあるものです。その後、どうなったのかは残念ながらわかりません。

 彼の国の情報量の少なさが招いた混乱とも言えるでしょう。



 小生は元々は原子力推進に慎重な立場であったこともあり、昔の反対派の活動には一目おいていました。
 通産省時代、それも初期の規制側は、現在の経済産業省原子力安全・保安院や安全基盤機構の検査官/検査員ほどスキルは高くなく、研修もそこそこに発電所に配属され、OJTのような状況で業務を行っていました。「素人」と言うほどではありませんでしたが、発電所職員と比較するとその知識は雲泥の差でした。
 これに代わり規制側の役割を果たしていたのが、立地県の原子力担当課であり、また原子力資料情報室のような反対派でした。
 現在の原子力安全を作り上げてきたのは、反対派だったと言ってもよいでしょう。

 しかしながら、最近、インターネット上で「日本の原発でチェルノブイル/TMIクラスの事故」「国や電力会社はこれを隠蔽している」とのデマが広まっているのを目にし、呆れてしまいました。

 過去の事故の際に、素早く「環境への影響はない」と発表したこともある彼らはどこへ行ってしまったのでしょう?



 今回は予定を変更し、原子力発電所の環境モニタリングと災害時のデータ転送システムについて述べてみたいと思います。


1.環境放射線モニタリング

 原子力発電所では、電力会社自らが各排気設備や排水口に放射線測定器を設置しています。
 原子炉建屋や廃棄物建屋と行った放射線管理区域内の空気は高性能フィルタを通して、また一時冷却水由来の放射能を含む空気は減衰の後、排気筒から上空へ排気されます。この時に、排気の中に有意な放射性物質が含まれていないことを確認するために設置された測定器群が「排気筒モニタ」です。

 また、発電所では、タービンを回した後の水を冷やすため、あるいは水冷式の多数の空調設備や非常用発電機やポンプモーター、また使用済燃料等を間接的に冷やすために、大量の冷却水を使用しています。そして、洗濯廃液や水のリサイクルで生じた余剰水も放射能測定の後で海に捨てられます。
 このため、排水口にも放射線モニタ「排水モニタ」が設置されています。

 これらによって環境へ放出される気体・液体の放射能は直接測定されているわけですが、さらに原子力発電所の敷地内外には、空気中の環境放射線を測定するモニタリングポスト(MP)やモニタリングステーション(MS)が複数配置されています。
 また、原子力発電所を監視するために、地元自治体(県)が自ら発電所周辺敷地外に設置したMPも存在します。
 これらの測定値はゼロになることはありません。原子力発電所の有無に関わらず自然放射線が存在し、これを拾っているからです。(雨が降ると気中の放射性物質が落ちてくるため、線量は若干増加します。また、付近を医療用のRIを体内に注入した人が通ったりすると、目に見えて指示値が上昇します。それだけ感度の良いセンサーという訳です。)
 MPのデータは地元の役所、集落の公民館等へも送られ、住民はリアルタイムで自分の住む地域の空間線量を確認することができるようになっています。

 排気等モニタ、排水モニタ、そしてMP/MSの生データは定期点検・校正時を除いて24時間休むことなく全て町や県、検査官事務所/オフサイトセンターや基盤機構や国に送られ、監視されています。

 自然放射線に隠れてしまうような微量の放射性物質の漏洩は別として、現在は電力会社が環境へ影響のあるレベルの漏洩を隠すことはまず不可能です。

 もう書くまでもないかと思いますが、これらのデータはインターネット上でも公開されています。



2.緊急時対策支援システム

 さて、実はこれらの環境放射線モニタリングシステムの他に、あまり知られていないもう一つの重要な監視システムがあります。
 それこそ、小生が関わったことがある「緊急時対策支援システム」(ERSS)です。

 もともと、各原子力発電所には、プラントの重要パラメータを計測してデータ化し、事務所の緊急対策室でも監視できるようにした「SPDS」と呼ばれるシステムがありました。(←事故時にプラントの状況を把握できないと、何も対策をとりようがありませんから)
 しかしながら、事故時に電力会社を監視・指導する規制側は、この情報を(緊急対策室まで出向かないと)入手することができませんでした。

 この問題を解決するため、チェルノブイル事故直後、万一の事故の際に国の活動を支援するために導入されたのがERSSです。
 これは、SPDSのデータの中から原子炉の状態を示す複数のパラメータ、及び「止める/冷やす/閉じこめる」機能に関係するものを選び、原災法通報対象の事故が発生した時に発電所の検査官/防災専門官室、オフサイトセンター、安全基盤機構、そして経産省保安院で監視することができるようにシステムです。
 発電所との間にはメディアコンバータや計算機等も設置されていますが、基本的に個々のデータは発電所が状態監視に使うSPDSと同一のものであり、これによって保安院は東京にいながら、あるいはオフサイトセンターにおいて、事故を起こした原子炉の状態を詳細に知ることができます。

 なお、以前はこのシステムは原災法で定める非常事態が発生した場合にのみ動作するものでした。
 が、中越沖地震での柏崎刈羽の被災時に(事象が原子力安全に全く影響ないものだったため)状況確認に使われず、結果として社会への情報提供が出来ませんでした。
 これを反省し、平成21年4月からは常時転送されるシステムとなっています。

 ここで、ERSSの多数のデータの中で、私の記憶にあるものを挙げてみます。

  ●原子炉圧力、温度、水位、中性子束
  ●制御棒全挿入信号、原子炉トリップ信号
  ●原子炉再循環ポンプ状態(運転/停止、流量)
  ●格納容器内圧力、雰囲気温度(複数ポイント)、放射線
  ●格納容器各隔離弁開閉状態
  ●非常用系(ECCS)運転状態(各ポンプ及び各非常用ディーゼル機関等)
  ●各母線電圧
  ●排気筒・排水口モニタ、MP/MS、風向・風速、大気状態

 これだけあれば、原子炉の状態と周辺への影響は大体判ります。


 さて、実はここまでのERSSの説明は、実際の機能の一部である「情報表示システム」を紹介したに過ぎません。
 事故時にさらに効力を発揮するのが、「事故状態判断支援システム」と「予測解析システム」です。

 上記のデータでは個々の機器の状態は解りますが、実際にどのような事象が発生しているのかはそのままでは解りません。
 制御室の運転班長クラスであれば状況把握はたやすいかも知れませんが、それでも一刻を争う場合に悠長に考察している時間はないでしょう。
 そこで、上記のパラメータから事故後のプラントの状況をある程度自動的に推察し、対策の検討を支援するシステムとして開発されたのが「事故状態判断支援システム」(DPS)です。

 さらに、パラメータの時間的変動も含めて解析を行い、現在の状況のみではなく、将来的に起こりうるであろう状況・状態を予測するシステムがあり、 「予測解析システム」(APS)と呼ばれています。


 ERSSはこれら3つのシステムで構成されており、万が一、発電所で原子力事故が発生した場合に活躍することになります。
 小生も竣工直後の某オフサイトセンターで一通りの説明を受けましたが、発電所が廃炉となるその時まで、これらが実施に使われる時が来ないことを願って止みません。



 さて、初めに戻ります。

 もし、一部反対派が主張しているように、日本国内の発電所で大事故が発生したのであれば、電力会社が隠蔽のために小細工をしたとしても(←実際には不可能ですが)、県が設置した周辺のMP/MSが異常な値を示し、住民の誰もが異常に気づくでしょう。

 それがINES5クラスの大事故であれば、当該発電所付近のみならず日本各地の発電所(や立地県、国)が設置したMP/MSでも放射性物質が検出されるはずですから、当該電力と立地自治体と安全基盤機構と国のほかに、日本全国の電力会社や立地自治体が全てシステムに細工し、口裏を合わせなければ隠し通すことは出来ません。

 また、放出された放射性物質がたまたま全てのMP/MSの間からすり抜けた(←これまたあり得ないことですが)としても、常時稼働しているERSSによって、原子炉の状態を示すデータは発電所検査官室、オフサイトセンター、基盤機構、経済産業省に送られる訳です。
 オフサイトセンターは一般の方の見学も出来る訳ですから、興味のある方は申し込んで状況を確認してみては如何かと思います。


 ついでに書くならば、チェルノブイル事故後には、日本近海でも海水中のセシウム濃度の急上昇が確認されました。
 もし事故自体を隠し通せたとしても、継続的に行われている海洋生物環境研究所の調査や、発電所周辺で定期的に行われている海水や雨水、土壌、魚介類、農作物等のサンプリングをごまかすことはできません。



 反対派の中の人は、事故情報を流したことで発電所を止めさせた!と喜んでいるようですが、これまたおかしなことです。
 これまでも運転中に燃料管被覆のピンホール等からの漏えいによって冷却水中のヨウ素濃度が上昇したことはそれこそ何十回もありますし、定期検査の前倒しも何回も行われています。


 要するにバカも休み休み言え 、ということです。


参考リンク


<九州電力>

九州電力
玄海原子力発電所3号機1次冷却材中のよう素濃度の上昇について(続報)
及び第13回定期検査の開始について
http://www.kyuden.co.jp/press_101210-1.html



九州電力
玄海発電所 運転中の燃料の健全性確認
http://www.kyuden.co.jp/nuclear_operation_info.html



九州電力
リアルタイムデータ
http://www.kyuden.co.jp/nuclear_real.html



<佐賀県による環境放射線監視>

佐賀県環境放射線モニタリングシステム
http://www1.bbiq.jp/sagaatomteleme/



<ERSS関係>

原子力安全基盤機構
原子力防災ページ
http://www.jnes.go.jp/bousaipage/indexj.htm


原子力安全基盤機構
緊急時対策支援システムパンフレット
http://www.jnes.go.jp/kouhou/pamphlet/bousai/erss/book1/



<ERSSの常時稼動への変更>

原子力の防災業務に関する行政評価・監視結果報告書( 第一次)
〜大規模地震による原子力発電所の被災への国の対応について〜
総務省行政評価局
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/2008/080201_1_3.html


原子力の防災業務に関する行政評価・監視結果に基づく勧告(第一次)
に伴う改善措置状況(その後)の概要
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/hyouka/hyouka_kansi_n/pdf/090826_4.pdf



<オフサイトセンター>

原子力安全基盤機構
オフサイトセンターパンフレット
http://www.jnes.go.jp/kouhou/pamphlet/bousai/off-site/book1/


唐津市オフサイトセンター(←見学可能)
http://www.nisa.meti.go.jp/genshiryoku/jimusho/1_shoukai_20_genkai.html



補足/修正
 ERSSの原子炉水の放射能のくだりを削除しました。(記憶が曖昧のため/加圧水型ではERSSに含んでいないため)
 格納容器放射線を追記しました。(記載漏れ)
 TMIを追記しました。(デマ発信源ではTMIレベル、と記載されているため)
 なお、日本の加圧水型はTMIとは蒸気発生器など構造が異なりますし、もしTMIの様な事故があれば格納容器内パラメータや蒸気発生器水位、ECCS状態の変化がERSSで確認できます。






原子力発電所のプロセス計装の保守
楽天ブックス
商品副データ温度と圧力の計装の概要と試験法および長期運転と高経H.M.ハシェミアン/木村逸郎イーアー

楽天市場 by 原子力発電所のプロセス計装の保守 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 35
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた
面白い 面白い
かわいい かわいい

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
玄海 放射能 玄海町役場
★Merry X’mas★●●●【NAISSANCE】Rencontre(出会い)シリーズ●●●【2010年Xmas】結ばれた繋がりは解けないようにロックロック!ペアキーチェーン... 玄海3号機手動停止、担当者に状況確認 唐津市議会 &lrm;2010&#24180;12&#26376;15&#26085;&lrm; 玄海原発の上田親彦環境広報担当次長らが出席。上田次長は、冷却水中のヨウ素濃度が上昇したため停止したことや、上昇原因に燃料棒に微小な穴があいている可能性があることなどを説明。「環境... ...続きを見る
サンキャッチャーは綺麗
2010/12/19 13:51
ここは酷いポル・ポトですね
ポル・ポト―ある悪夢の歴史白水社 フィリップ ショート Amazonアソシエイト by この前紹介した毛沢東本の作者の作品 読む順番としては、まずうぃきぺさんとかでカンボジアに限らず インドシナ半島の植民地化とWW2以降のインドシナ戦争の混乱 そしてシアヌーク殿下の古タヌキに見えて実はぬるぽっぷりと ベトナム撤兵以降のクメールルージュ残党の政権奪還まで理解した上で 訳者の後書きから著者の後書き、という順序で読むといいだろう フィリップ ショートはこの「大虐殺」の原因をカンボ... ...続きを見る
障害報告@webry
2010/12/27 00:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(51件)

内 容 ニックネーム/日時
人によって「危険」「安全」の捉え方・感じ方に差異があるのは当然ですから、原発反対の思想や意見も尊重すべきとは思います。

が、今回のは極めて悪質なデマです。

科学的根拠のない嘘で人々に不安(←信じる人は少数派とは言え)を与え、風評被害を招きかねない状況を作り出す行為は、関係者以前に立地県出身者として、あるいは人として、断じて許せません!
・・・そういうことです。

(この国がロシアでなくて良かったですね。→デマ根源の人)

こんなに怒りを覚えたのは、このブログを開始してから初めてですよ。

NUCNUC
2010/12/18 02:50
 もともと、安物のガイガーカウンター測定器による異変感知の話が
http://twitter.com/#!/tokaiama/status/14516333785911296
「12月11日、西日本各地で非常に高い放射能値が観測された。内部告発によって【玄海原発7号炉】、プルサーマル稼働中(以下略)」
となって、風評RTに変貌した件。
 まあ、もとは【玄海原発7号炉】と有るように、これに騙される人間も悪い、と言える極めて低レベルなお話しが、途中の指摘により【玄海原発3号炉】とだけ訂正して、拡散させているからタチが悪いところで。
 
 もっともこのデマの根源主、これだけに飽き足らなかったのか、最近では
http://twitter.com/#!/tokaiama/status/16072336381837312
「体感前兆が最近にないほど凄い、48時間以内【12/18】に日本列島近郊で相当な大地震が起きるかも知れない。もし満月になればM9クラスの可能性も。(以下略)」
と垂れ流し、繰り返しRTされている状態。狼少年を通り越して罵倒他繰り広げているのは、まあ関わりたくありませんが、どうなることやら。
 最近わき出してきたような俄は承知しませんが。従来の真面目な(?)原発反対派にしてみても、迷惑千万でしょうね。ただ、過去に比べかなりその能力は落ちていると考えますが。
担当
2010/12/18 21:11
コメントありがとうございます。

 あちこち見てみましたが、どうやら反対派の中でも今回の件がデマであるとして火消しに回っていた方もいらっしゃるようですね。(感謝致します。)
 残念なのは、そう言ったマトモな発言よりも、恐怖を煽るような発言の方が目立ち、広まってしまう事です。

 「玄海7号機」についてはそもそも存在しませんから、デマどころか、知らない人が慌てふためく様を見て喜んでいる愉快犯なのでしょうね。(原発反対とも関係なさそうです。)


NUCNUC
2010/12/19 20:43
今回のことがたまたまデマだったとして、同じ事故が100%起こらないと保証できますか?
それに、無責任な原子力推進派は今回の風評被害にあった九州の農家の方々にしっかりと謝罪と賠償をする責任があります。(原子力発電所さえなければ、風評被害も起こりようがありません)

わたくし今回のことで「原子力発電所はやはり早急に無くすべき」との思いを一層つよくいたしました
反原発ジャスティス
2010/12/27 17:43
「今回のことがたまたまデマだったとして、同じ事故が100%起こらないと保証できますか?」

もう、反対派を装って彼等を馬鹿にするのは止めるべき。

あぁさぁ
2011/01/30 01:33
スレッドがたっていないので、こちらに書きこみました。

今回の震災による原発事故で被曝とマスコミが書きたていますが、どうなんでしょうか?

放射線量がレントゲン撮影の2・3回程度との事ですが…

マスコミの掻き立てかたが異状じゃないでしょうか?
COOL
2011/03/13 22:58
実際に事故が起きたら「故障」を理由にモニタリングポストの更新が停止される…
機器を交換すれば済む事が実施されない…
この件についてどうお考えですか。
モニター
2011/03/14 19:05
定期的に行われてるとかサンプリングがどうとか開示がどうとか。
それらすべてが信じられないから批判されてるわけで。隠ぺい体質なのが
一番の原因。相撲の八百長これからも絶対ないと言い切れます?
ななし
2011/03/15 19:07
怖いっ よくわからんから 勉強してきます。
そして原子力発電所が絶対に必要なのであれば、少しでも減らしたりしたいし、 あるから 使う けど、 なければ使いようがないのだから 電気を なるべく 使わない 生活に したいです。 全ての人が節電すればいいと思います。
みちる
2011/03/17 11:05
NUCNUC氏も絶句でしょう。
平和利用のウソ、安全性のウソ、温暖化のウソ、電力不足のウソ、塗り固めたウソの上にそびえ立つ巨大な利権構造、
とにかく、人間がコントロールできないことは明々白々でしょ。
効果の程は?のまま、またもや特攻隊の犠牲。
同じことが起こらないように、すぐに全炉運転停止を求めて行こうではないですか。
もういや
2011/03/17 14:21
平井氏が言ったことが本当になったのに、まだ滅亡への一途をたどろうとしているあんたはアホだな。
ははww
2011/03/18 21:30
>>もういやさん
少し調べれば東電の隠蔽体質を知ることができるのですがね。
nucnucさんの発言には絶対条件が多すぎますよ。彼らは人間なんだよ?ましてや以前から隠蔽体質で命を過小評価する組織なのに過信しすぎだろ、どんだけお人よしなんだ。
( ^ω^)・・・
2011/03/19 12:38
それにしても、原発反対派がチェルノブイリ原発事故クラスの放射能漏れを隠蔽しているなんてデマを流していたなんて、驚きました。
そんなこと、普通に考えればよくわかりますよね。

それに、保安院というところが、とても情報に通じている理由がわかりました。
更新が止まっているのが気になるところですが・・・。
えいたろ
2011/03/19 16:05
お前がバカも休み休み言え。

現実見ろ。

根拠が阿呆過ぎる。

お前みたいな糞がいるから混乱すんだろ。

トナー
2011/03/20 19:25
このブログ主さん。はやく書いてくださいよ。
この状況で書けませんか?
実際福島原発で起きた事実、想定外なんて言わせませんよ
はやく原発は安全だ、平井氏はデマ屋だと
どんどん書いてください。
書けないでしょ!卑怯じゃないか。
残念
2011/03/24 10:58
>書けないでしょ!卑怯じゃないか。

感情的な言い方はやめましょう。

今回の事故で原発が100%安全であると断言しにくく
なったことは否めません。

しかしここで原発をやめるのは、株価が大底の時に売却するようなものです。
スリーマイル、チェルノブイリ、そして福島の教訓を経て
これからの原発がより安全なものになることは疑いありません。
その貴重な経験と技術を、我々の代で捨ててしまうのは
未来の子供達に重大な裏切り行為です。

早く感情論が去り、建設的な世論に戻ることを願っています。
通りすがり
2011/03/27 10:32
nucnucさん、ご無事ですか?
地図で見ると新潟のようですが、地震は大丈夫でしたか?

いろいろと大変かもしれませんが、今こそ何かを発信してほしいです。
今、どうお考えなのか、どう感じられているのか、知りたいです。
私たちはこれからも、この小さな国土で生きていかなければならないのです。
子供たちを育てていかなければならないのです。
そのヒントを、手がかりをほんのわずかでも与えていただきたい。

nucnucさん、書いてください。更新してください。
色即是空
2011/03/27 15:30
nucnuc氏、さすがにもう書けないと思います。

後だしジャンケン的な見方になってしまいますが
nucnuc氏の書いた文章には、その根本に原発は安全だという
前提がありました。トラブルの記事でも、無意識に
原発の安全性に寄り添うような書き方をされています。
そしてその事例を列記し原発の安全性を啓蒙することが
このブログの存在意義でした。
存在意義が吹き飛んだ今、nucnuc氏が書くべき文章は何もありません。

原発が致命的な事故を起こさなければnucnuc氏の主張は正しかったし
誰も否定できなかったでしょう。それどころかnucnuc氏が信じていたように
原発は安全であって欲しいと反原発派も願っていたでしょう。

まさか日本で、こんな深刻で取り返しがつかない事故が起こってしまい
残念でなりません。
・・・・
2011/03/28 01:09
通りすがりさん
株価が落ち切って底値だったとしても、紙切れ同然だったとしても、
1億3千万人が首くくるわけにはいかないんですよ。
誰がどう利益を受けているのか当の本人達すら分からなくなっているような
巨大な利権構造のためにうそで塗り固められた原子力開発はもう
完全に行き詰ったとしか言えないでしょう。
やめましょうよ。
それとも、暴走して制御の利かなくなった原子炉のように、
もうすでに日本の経済すべてを引きずり込まないと止められないほど、
巨大利権の根は日本の経済の隅々まで値を張り巡らせているのでしょうか。
そうだとしたら本当に怖い。

チェルノブイリやスリーマイルの教訓を生かしての今日なんです。
安全性が向上するということを誰が信じますか。
耐用年数が永遠という炉はあり得ない。
でもプルトニウムが数万年にわたって放射線を出し続けることは事実。
閉鎖した炉を数万年にわたって管理するコストは考えているのでしょうか。
また、1万年に一度の超巨大地震を想定してそれに耐えられる施設を造ることが
できるということが確定してから『安全』という言葉を使ってほしい。
まあ、利用可能な電力価格を考えれば、
そんな原発を造れるわけないと思いますが。

正直、原発の安全性についてはこれまであまりまじめに考えていませんでした。
安全だというのなら、眉唾だけどまあいいか。
一個人が賛成や反対を言ったところで動き出した計画がどうこうなるものでもないことはいやというほどわかっているし。ぐらいな感じです。

今回の事故は本当に残念です。
現場で命がけで闘っている【協力会社】の作業員の方たちのことが心配です。
でも、まだ今の状況は≪最悪≫ではない。
今回か次回かは分からないけど、もっと酷い状況が容易に想像できる。

もうやめましょうよ。原発。
びっくりしました
2011/03/28 10:36
数字見るより映像見よ。爆発もして、めちゃくちゃボロボロになってるじゃあありませんか。もう原発はやめましょうよ。危なくて子育てには絶対向いてないエネルギーです。恐ろしくて母親は皆震えてるじゃありませんか。あの映像を見れば、めちゃめちゃの破壊ぶりということが素人目にも明らか。でも、東電社員のご家族の苦悩を思えば、誰も今は避難してはいけないと思います。協力して止めていくしかないのではないでしょうか。

2011/03/28 14:09
避難、ではなくて非難、でした。誰も喧嘩はしてはいけないと思います。

2011/03/28 14:11
とうとうプルトニウムの漏出を確認。
「原発は安全」がそもそもデマでした、という教訓以外残りそうも無いですね。
通りすがり
2011/03/29 07:19
頭の悪い馬鹿どもに負けないでください。
名無し岩手県民
2011/03/29 11:40
結局、会社に忠勤を励むのがお仕事だったわけですよ。退職後も広報のお仕事でね。
安易な原発万歳派が、事故を拡大させる。サヨクとやらを根絶やしにして転向声明を出さないと安心しない国です。反原発派が会議に円卓会議に入るとつるし上げ揶揄してきた国です。タレント使ってじゃぶじゃぶお金をかけて宣伝。その上に載っていたと疑われても無理ありません。原子力発電を不可能にしたのは東電さんたち賛成派でした。

2011/03/31 16:34
>びっくりしましたさん

原発はしかるべき体制で運用すれば安全です。
今回の事故を教訓にして次につなげてゆけばいいんです。

いま日本中で原発を捨てるという危険な考えが蔓延しています。
一度の事故で、今まで積み上げてきた技術と財産を捨てようとしている。
これは極めて乱暴で、刹那的な考えです。

原発をここで捨てたら未来の子供たちは我々の世代をきっと責めるでしょう。
断固、核燃料サイクルを構築し未来の子供たちを
エネルギー問題で苦労させないように、我々は邁進する必要があるのです。
通りすがり
2011/04/01 00:19
>原発はしかるべき体制で運用すれば安全です。

つまり今までしかるべき体制で運用できていなかったと言うことですね、これは大問題ですね。
それと現実的問題に地震や津波で簡単に壊れてしまう原発の何がどう「安全」なのでしょうか?
今回の事故を教訓にして次につなげるって今後「具体的に」どういう対策をとるんですか?
一度の事故で技術と財産を捨てるって・・・そのたった一度の放射能漏れ事故が発生しただけでごらんの通り「大損害」ですね、その財産を捨てるよりはるかに大きいマイナスを今後日本は背負うはめになりそうですね。
さらに技術も中途半端で普通に運転してても数年おきに事故は発生してて、自然災害に対しては無力と。おまけに維持費も掛かるし、廃棄物の問題もある。

>原発をここで捨てたら未来の子供たちは我々の世代をきっと責めるでしょう。

今のあまりにもお粗末な管理体制のままで、また事故でも起こして人の住めない土地が広がりでもしたら我々の世代は責められるどころでは済まないでしょうね。
それにエネルギー問題の解決方法は原発だけではありません。
風力、地熱、波力、水力、太陽光、と原子力以外にも沢山あります。
幸い「日本は自然エネルギーにかなり向いている」環境ですので、こちらの方向でもどんどん技術を磨けば良いでしょう。
エネルギー問題で苦労させないように、我々は邁進する必要があるのですから。
通りすがり
2011/04/02 03:48
原発は本質的には安全ですよ。
高台に作られた女川原発は安全だったでしょう。
安全を守る仕組みを強化すればいいんです。
今回の事故を受けて浜岡発電所は高さ14m以上の堤防を
作るそうです。全交流電源停止した場合の想定も始まっています。
このような安全対策が全国の原発で進んでいるんですよ。
普通に考えてもう福島のような事故は起こらないと思いますが・・。
不安性の人は月が落ちてくる、空が落ちてくる、と
極端な考えに走りがちです。
通りすがり
2011/04/02 16:00
空が落ちてきた事はありません。
月が落ちてきた事はありません。


原発が大勢の被害者を出す大きな事故を起こした事、何度かありますね。


不安な人が抱く妄想と、現実的な原発の危険を意図的に混同するのは止めて下さい。
見苦しいです。

2011/04/02 17:41
>普通に考えてもう福島のような事故は起こらないと思いますが・・。

自然界では人間にとって普通ではないことが起こるのが当たり前です。自然をあたかも分かりきったかのような人間の知ったかぶりが今回のような事故となったのです。

原発が全て粉々に破壊されて土壌や海に流れても地球上に住む生物に影響が無い。となるまで私は原発を信頼出来ません。
研究は大いにしていいと思いますが、実用化にはリスクが高すぎると思います。
とうりすがり3
2011/04/09 05:08
原発によって安く電気を供給されている側が
原発無くせと騒ぎ立てる。
自分がどれだけ原発の恩恵を受けて今まで便利な生活してきたかを
全く考えない自分勝手な言動。
非常に滑稽ですね。
どんなことでもリスクは必ず有ります。0にはなりません。
ノーリスクでリターンを得ようと言うのは虫のいい話です。
酔っぱらい
2011/04/13 03:45
原発がなくなって生活が貧しくなるのなら、私はそれを甘受します。
願わくば多くの人が同じ考えになってくれることを期待します。
どうしても電気を湯水のように使いたい人は、アメリカあたりに引っ越してもらえれば。
二日酔い
2011/04/13 18:21
これからの原発は安全です。
一回の事故で、原発を捨てることほど
愚かなことは無い。
原発が無くなったら職が無くなる人も
大勢居るんですよ。その人々が路頭に迷ってよいというんですか。
原発を要らないと言っている人こそ日本から出て行って
ジャングルの奥でも南の島でも電気の無いところで
自給自足の生活を送ればいいんだ。
原発は安全
2011/04/13 23:18
原発推進でも反対でもなかったが、最近になって原発について考え出した素人だが客観的に見てて思ったことを書きます。
福島第一原発の20Km圏内で仕事・生活をしてきた方は何故今過酷な避難生活をして、いつ自宅に帰れるのか。いつ今までと同じ仕事が出来るのか。自分がそこに住んでいたら間違いなく原発反対派になるだろうな。
東京電力の原発の今の運転状況は柏崎刈羽のみで1,5,6,7号機、合計500万KW程度。無くなったら永遠に停電しなきゃいけないのか?
原発=安全と思えないのは確か。原発で多くの人が仕事を得て、原発無しでは多くの人が仕事を失う。それは分かる。でも、原発依存から抜け出すには今、少しずつ方向転換すべきなのではないか。
以上

2011/04/14 00:25
ほとんど枯れきった鉄道なんてシステムですら、ちょっと緩んだオペレータがいれば、
21世紀だろうと108人くらい簡単にスピードオーバーで死なせてしまえるもんなのです。
もちろん鉄道関係者だって安全のために最善を尽くしたには違いありませんが、
それでもそういうオペレータが出てくることは防げなかったのです。
その点については原発であろうと同じことです。
現にこうして、30年の間に3回も大規模な事故を起こしてしまってますからね。

もし、脱線すると最悪半径200kmの国土が失われ、乗客以外に数千人〜数十万人が死ぬ電車があるけど、
30年に一度しか脱線しないから大丈夫だよ、なんて言われたとしたら、
その電車を安全だと思えますか?
そもそもリターンに対してのリスクが大きすぎるのです。
リスクとリターン
2011/04/14 09:45
まず第一に安全神話からの脱却。原発が安全でなかったことを前提に、これからのエネルギー政策を見直すことが大切。そのためには、公開、自由な論議が必要。だから、非常に隠蔽的な体質の東電は解体的に出直してもらいたい。今のような隠蔽体質の東電には原発を活用する資格がない。

次に「原発の恩恵」を考える上で、原発のトータルコストを改めて計算し直す必要がある。今回の事故を踏まえて考えると、高コストの他のエネルギーより原発はコスト高になるのではないか。原発が本当にわれわれに恩恵を与えてきたのかしっかり検証すべきだ。

さらに、節電、省エネなどの努力は進めるべきだが、電気の供給を増やすことは社会の進歩にとって一定必要だ。自然エネルギーの活用など原発に代わるエネルギーの開発に日本は総力を上げて取り組むべきだ。
花より団子
2011/04/15 17:54
私はこれまでもそしていまでも原発についてまるで無知です。
でも、私はともかく、子供を被曝させてしまったことが悲しいです。
福島の主婦
2011/04/20 19:24
推進派の方々の意見の中に、今後、原発を運転し続けた場合の使用済み燃料の問題について、どなたも書かれていませんね、、。
ゆう
2011/04/20 19:50
> nucnucさん、ご無事ですか?
> 地図で見ると新潟のようですが、地震は大丈夫でしたか?

何!色即是空さん、NUCNUCさんの居場所をご存じなのですか!?
私は全然存じ上げないので「被災中か、福島に志願して作業中で更新できない」説を唱えてNUCNUCさんの正々堂々たることを信じてきたのですが…………。
まあ断定型で書かれてはおらずご想像ということのようですが。
「どこ行った」のコメントも多数の型から寄せられてますし。
時をかける中年
2011/04/20 19:53
2009/06/20のコメント欄でNUCNUC氏は
>  新潟へ行くことはなかなか出来ませんが、
と書いとりますな。てことは新潟にご在住じゃないのか。上のコメント取り消し。やっぱり被災地ですか?

絵文字が入れられるのが判ったので意味なくいれてみた。
時をかける中年
2011/04/22 20:28
いまだに原発利権にかじりつきたいやつが書いてるのか
このブログ
2011/04/23 02:49
ウソと思い込みばかり。そして人を罵ることしかしてない。

早くこのページなくしたら?

あ、それとも、将来の子どもたち(20ミリシーベルトを浴びる子どもたち)が虚偽報告の検証をするために、残しておいた方がいいのか。
原発賛成派の劣化が残念すぎる件
2011/04/23 18:28
> 小生も竣工直後の某オフサイトセンターで一通りの説明を受けましたが、発電所が廃炉となるその時まで、これらが実施に使われる時が来ないことを願って止みません。

東京新聞より
放出量予測システムも使えず 想定の甘さ浮き彫り
2011年5月2日 11時29分
 原発事故を遠隔地から分析し、放射性物質がどのぐらい放出されるかを予測する国の「緊急時対策支援システム(ERSS)」が、福島第1原発事故の発生直後から電源喪失のため使えなくなっていたことが2日、分かった。


今回も使われることはなかったようです。よかったですね。

M3
2011/05/02 12:04
あまりに感情的で、攻撃的、盲目的な中傷が多い。

まったくもって残念。世論や伝統や歴史は、その社会に暮らす人々の知性が形成するのだなとひしひし感じる。
これが今の日本の可能性なのか。なんと哀れな。

ここで感情論を暴走させ、ブログ主氏を一方的に中傷している人々は、無知と無関心から原発の安全性を鵜呑みにしてきた連中、目先の利益から欠陥を知りつつ見て見ぬふりをしてきた連中、面倒くさいから臭いものにふたをして責任逃れしてきた連中と本質的に同じ。

無知から生じる不安と恐怖に身を任せれば、行き着く先は混沌と停滞、光明が閉ざされた暗黒世界。
理性と勇気を持って、建設的な未来に挑戦しなければ、直面する災禍から立ち上がるどころか仲間割れして自滅するだけ。甚大な尊い犠牲を、価値ある将来や子孫につなぐことも忘れ、これから訪れる本当の災いに飲み込まれるだけ。

お人よしだから言っているのではない。むしろその逆。

いい加減なモノの見方や中途半端な理解、対応に終始すれば、真の害悪やその根源を見失う。
建設的な努力や挑戦を否定し、自らの可能性そのものを放棄することになる。


この記事は、3/11の東日本大震災発生後も、極めて重要な情報を提供している。

誰かを生贄にすれば、何かを捨てれば、見えない恐怖や陰謀のせいすれば、世の中の“悪の根源”を断ち切れるという原始的な心の反応は、悪魔崇拝や魔女裁判と同じ発想。
そんな単純じゃない。
覚悟が、思慮が足りない。

地道な理解と反省が必要。一つ残らず検証を怠ってはいられない。自分も含めて。
一人ひとりが自己の役割を自覚して改善努力を継続し、仲間割れなどしないで協力しなければ、もう二度と立ち上がれないくらい大きな、そんな困難に、我々は直面しているのだ、という認識や危機感が、私たちの社会には圧倒的に足りない。
sina
2011/05/02 13:54
本当に残念ですね、感情的な議論は。
このブログが、ずっと永久に残り、後々の検証に使われることを望みます。

これほど本当に、原子力賛成の人たちが言ってきたことが、
まるで同じだということがわかるサイトも珍しいですもの。

原子力は「大小の」事故を起こしてきた − 本当に。
sinaさんに賛成です
2011/05/05 05:47
原子力の事が気になって調べていて、個々に辿り着きました。

更新が止まっているのはどうか――と思いますが、私は“推進派”では無かったけれど、今までに“建設してきた事”自体は、やむを得なかった側面も有るのでは?……と、考えています。

“原子力推進”の動機を紐解けば、火力発電の煤煙が問題になった事があろうけど、導入当時は、公害防止技術が確立していたとは言えず、『鉄腕アトム』の人気もある、“夢のエネルギー”ともてはやされていた――と聞きます。

その事が、結果として“原子力推進”に傾く状況を生んだのでは?――それを、感じています。

それに、“原発賛成”と“原発反対”との対立が続いた来た事も、問題を複雑にしてきた――と思う。
原発を保有する電力会社が、安全の為の防護策を採ろうとしても、反対派が、
「それは、原発が危険だからやるんだろ?」
――と突き上げ来るばかりで“話”が成立しない事が多く、結果として、
「安全面での、心配は要らない」
――と、無理をする事になるし、結果的に隠蔽する体質を作ってしまう――それを、感じています。

確かに、福島第1で事故が起きた訳だから、そこは批判されて当然。
でも、安全に“冷温停止”に持ち込んだ福島“第2”や女川の例もある訳で、そこは、考えるべきでは?――と、思う。
“原発を止めるべき”と言う人は、結果として、女川や福島第2の下っ端従業員を傷つけてる結果しか生まないのでは?
……それを、感じています。
Masaya
2011/05/15 23:16
書ききれないので、分けます。

その上で、気になるのですが、“脱原発”を唱える方のコメントを読んでいると、どこか“後ろ向き”に脱原発を唱えている感じがします。
“資源サイクルの話”を伴った、“前向きな、脱原発”について語るべきでは?――それを、感じるのですが。

石炭火力発電にて発生している“フライアッシュ”と言う焼却灰を、セメントに有効活用している事例はご存じですか?
「フライアッシュ 碧南」で、一度検索してみて下さい。
フライアッシュと、脱硫に使われる炭酸カルシウムを運んでいる貨物列車の話が出て来ますから。

『衣浦臨海鉄道 フライアッシュ輸送100417』
http://blog.livedoor.jp/koukendaisuki/archives/51765534.html#

私も、“脱原発”を進めるべきと思う。
ただし、“長い目”で。

何故なら、まだ原子力に変わる発電技術が確立できているとは言えないからです。
確かに、採用例はあるけれど、まだ「大規模発電」に適しているときは言えない状況だからです。

それに、“電気の使われ方”の再検証も、必要でしょう。

“未確定”なまま進路を決めても“不備”が見落とされてしまうのでは?――それを、心配しているのです。

“脱原発”を唱えるのだすら、フライアッシュの話の様な、“有効な、資源サイクル”を伴った、“前向きな、脱原発”を言えないのですか?

これでは、不毛な罵り合いに終始するばかりで、何も生み出さない、それを、危惧しています。
Masaya
2011/05/15 23:24
「いろいろなチェックのためのシステムがあるから安心」と言いたいのかもしれませんが、どれも人間が作った物。常に“想定外”がついて回るし、何よりも運用する人達がちゃんとしていなければ、かえってマイナスの効果になるでしょう。今回の事故でそれを十分に証明したのではありませんか。万が一の事故が計り知れない被害をもたらすことを再度証明したのですから、出来るだけ危険のないシステムに換えることが我々の仕事だと思うのですが。
きく
2011/05/28 10:30
『人』が一番怖いです。

2011/06/15 21:30
便利がいいか 脱原発がいいか ゆっくり考えたらいいんじゃない?
モルヒネも医療と中毒患者両方使ってってるし
薬も毒も使いようですね
Shun
2011/07/13 13:09
原発なんて全部止めても問題なんじゃん
夏の昼間に3時間ほどテレビの送信止めれば済むこと

2011/09/02 00:46
バカは もう要らない
嘘吐きも もう要らない
原発は もう要らない

放射性廃棄物製造機は もう要らない
でじたるコミック
2011/09/06 16:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
原子力反対の劣化が残念過ぎる件/放射線モニタとERSS 「世界は脱原発!」・・・なの?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる