「世界は脱原発!」・・・なの?

アクセスカウンタ

zoom RSS 裏をとらない毎日新聞

<<   作成日時 : 2010/05/12 01:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 3

 最近、他の方のブログ記事で知ったのですが、例の間違いだらけの反原発トンデモ文書が、毎日新聞のインターネットサイトで紹介されていました。

http://plaza.rakuten.co.jp/12months365days/diary/201004230002/

 記事として取り上げる以上、真実か否かを確認するのは報道の基本ではないでしょうか。

 少し調べれば、誰でもあの文書が嘘や過剰なまでの大袈裟な表現で構成されていることは解るはず。
 そんな文書を無批判に取り上げるとは、記者が自分では何も調べていないことは明らかです。

 これまでも毎日新聞の科学・技術面の弱さは他紙と比較して際立っていましたが、まさかここまで質が低下しているとは思いませんでした。
 「毎日新聞も堕ちるところまで堕ちたな・・・」と感じてしまいました。


 さて、例の文書、かつては小生(一応、20年近く原発所員やっていました)も、ここに反証文を掲載していました。

 しかし、余りにもバカバカしかったことと、また、反証可能なだけの資料は既に充分に公開されていることから、途中で止めてしまったという経緯があります。

 ある時、「インテリジェントデザインとかホメオパシーを心から信じている人に対して、進化論や科学を語っても仕方がないのと同じなのではないか・・・」と悟ってしまった訳です。

 あるブログ記事には、(件の反原発文書を)「信じることが大切であり、事実かどうかは関係ない」と書かれていたとのこと。
 また、小生自身も、ある掲示板で「例え(件の反原発文書の)殆どが嘘であっても、一部でも事実があれば充分だ」との書き込みを見かけたことがあります。


 ここまで行くと宗教と同じであり、相手をしても仕方がないのではないか・・・と感じた次第。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
ども。
原発立地地域在住(今も窓から排気筒が見えますよ)で、かつて現場で液体廃棄物処理系を担当していた者です。
タンク内の清掃・点検にも「直接」関わってました。

あの文書の何処が不愉快かって、まるで我々(地元の人間&原発労働者)が被害者であるかの様に書かれていること。

自分は健康診断もキッチリ受けていますし、また、何かあったら「原発で人身事故!」と騒ぎになるので、安全面も他の業種よりウルサイです。(原発の前に勤めていた他業種の某工場なんて、それはもう酷いものでした。大手企業なのに作業前のKY活動もないんですよ。)

あの文書は、デマをばらまいて差別や風評被害を招き、それを反対運動に結び付けるのが目的なんですから、ホントに頭にきます。
ま、信じるほど頭の悪い人がそう多くはないのがせめてもの救いですかね。
スラッジレシーバタンク
2010/05/12 23:29
小生は主に技術的・工学的視点からあの文に対して嫌悪感を抱いていますが、「差別・風評被害の拡大」は地元在住者にとって最も大きな論点です。
確かに、あのトンデモ文を信じて無批判に受け入れるほどのツワモノは殆ど存在しないでしょう。(毎日新聞記者は怪しいが、平均的な日本人はそこまで愚かではない。)

恐ろしいのはむしろ、トンデモであることを知りながら、「原発反対」の為にあの文を肯定的に取り上げる人達かも知れません。

「差別や風評被害を助長する文である」との想像力を働かせることが出来ていないわけですから。

NUCNUC
2010/05/29 18:10
今、あなたは福島の事故を見てどう思っていますか?
ぜひ、聞きたい。「想定外」では済まされません。
責任
2011/04/18 22:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
裏をとらない毎日新聞 「世界は脱原発!」・・・なの?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる